第21回「雑談。わしの師匠 システム編。」

更新日:

こんにちは。森川です。


月末なのでブログもあげておかんと。
これでなんとか最低目標ラインの月3回更新を達成。


今日はデザインでもなくシステムでもなく全然関係ないこと。
私は、仕事とプライベートを含め、師匠とあがめる人が何人かいます。
こうやってブログを書いているので、せっかくなので紹介してみたいと思う。

わしのシステムの師匠

今日紹介するのは、私のシステム、プログラミングで師匠とあがめるこのお方です。
株式会社アドンスクール広島校の野辺先生。




勝手にFacebookから写真拝借しましたmOm
もともとは、Javaによる大規模開発にSEやプログラマとして10年以上だずさわっていた方です。
ですので、いろいろよくご存知ですわ。


実は同級生。性格と顔は私の方が上ですが、システムに関しては私レベルではとんと歯が立ちません(笑)

こんなこと教えてもらいました

野辺先生は、システム関係の企業にアドバイザーとして出入りされているので広島におられる時間も限られているため、 今は月1回か2カ月に1回ぐらいですが、いろいろ教えてもらっています。


私のブログでオブジェクト指向について書いていますが、そのベースを築けたのもこの先生の教えがあったからです。
オーオーがどうとか偉そうに書いてるけど、まぁこの先生の受け売りみたいなもんでもあるかなぁー。


他にもいろいろ教えてもらいました。
例えば、データベースってSQLが動けばいいんじゃないのです。
そのパフォーマンスをきちんとチェックして改善しないといけない。
詳細は割愛するけど、テストレコードを〇〇件入れて、そのSQLを走らせると処理時間が〇〇ミリ秒かかる。基準値以下であれば、要改善みたいなこと。
技術力の高い会社はこういうことをきちんとやって品質を高めている、このような作業を統計解析という。


今年の目標は、「テスト」についてしっかり取り組みたいと思いお世話になっています。
本屋に行ってプログラミングの書籍のところを見てみてください。
テストだけで膨大な書籍がある。それだけで一つのジャンルなのです。


単体テストや結合テストとかそういうやつ。
そしてそれらをJUnitで自動化していくということをやる予定。
言葉は聞いたことあるのじゃないかと思います。


システムって一言で簡単に言うけれど、実際はすごく幅広い。
すべて完璧にできるようになるなんて人生200年ない限り現実上不可能だと思う。
ただプロとして絶対抑えておかないといけない部分ってあるのだけど、我々でも自分自身を客観的にみて不足しているなぁと感じるところがあります。
そういうところを補うため、野辺先生にはいろいろお世話になっています。
ジテックは、手段は選びません、サービスの品質を高めるため日々努力しております!!!

最後に

最後に、アドバンスクール広島校のリンクをはっておきます。
システムについていろいろ勉強したい人は是非訪ねてみてください。
ただし、野辺先生は厳しいです!!生徒を何人も泣かせているみたいです。覚悟の上ご相談を(半分冗談、半分本当)
ではでは。よい週末を。


アドバンスクール広島校

システム開発の詳細はこちらから
システム開発へ

本日の独り言

今日、プロ野球開幕です。
うちの妹は、広島カープ開幕戦を見に行くらしい。
評論家の順位予想をみるとおおよそ1-3位ですがどうでしょうか??

わし予想。
1-2位あたりいいとこは行くのじゃないかと思う。
打線は層も厚いしおそらく問題なし。


問題は投手陣
薮田、岡田、大瀬良は蓋あけてみたいとわからんとこあるけど、
去年期待を裏切ったジョンソンが大丈夫そう。
あと、2年目高橋こうや君が7-8勝すると思う。


良くも悪くも安定のノムスケは去年と同じぐらいとみて、
薮田、岡田、大瀬良のうち一人が10勝ぐらいしてくれれば去年と同じぐらいの成績になると思う。


ということで優勝するかわからんけど、優勝争いは固いと思う。


近年強くなったと思うけど、弱いころより興味が薄れたのも確か。
10ゲームとか離れたら毎日勝とうが負けようがどうでもよくなるよね。
昔、大野が投手コーチをしてたころ、投手コーチがマウンド行くと、「大野おまえが投げろ」ってやじとんでた頃が恋しい。


ないものねだりです。がんばれカープ。