第35回「補助金をうまく活用してホームページ制作を」

更新日:

こんにちは。森川です。
早いものでもう梅雨の時期になりました。
そして2019年も半分終わろうとしています。


皆さん、ホームページ制作に補助金が活用できることをご存知ですか??


中小企業を対象とした補助金で3大補助金と言われているのが、

  • 1. ものづくり補助金
  • 2. 小規模事業者持続化補助金
  • 3. IT導入補助金


この3つです。
「ものづくり補助金」は主に工場などの設備投資に使われる補助金のため、ホームページやシステム構築には使われません。機械などの設備の増設に使わるのが主です。
ホームページ制作やシステム構築に利用できる補助金は、その他の2つの「小規模事業者持続化補助金」と「IT導入補助金」です。
補助金の詳しい説明は割愛しますが、持続化補助金は費用の2/3、IT導入補助金は費用の1/2を補助してくれます。ただし最大額は決まっています。


ホームページ制作について絞って話すと、昨年までは「小規模事業者持続化補助金」「IT導入補助金」の両方を使うことができました。
しかし今年は、「IT導入補助金」からホームページ制作は対象からはずれました。(ECサイトのような双方向でやりとりするようなサイトは対象になります)


2019年はホームページ制作で使える補助金は「小規模事業者持続化補助金」のみです。
この補助金は、通称、持続化補助金と呼ばれています。


どの補助金もそうですが、採択されるにはしっかりとした事業計画書の策定が必須です。
当社に制作を依頼されるお客様のみのサービスですが、それらの作成も代行しております(採択時のみ有償)。
実績は、昨年は持続化、IT導入補助金の両方合わせて採択率100%でした。


持続化補助金は年々ハードルが高くなっており、採択率が3割ぐらいと聞きます。
今年も何社かサポートさせていただいております。
1次公募には時間的に厳しいですが、2次公募もあると思いますので、興味がある方はご相談ください。
またIT導入補助金に関しても2019年度支援事業者として採択されておりますので、そちらの方も宜しくお願いいたします。


当社自身もこれまで持続化補助金や創業補助金などいろいろ活用させていただきましたが、チャンスがあるのであれば絶対に挑戦した方がよいですよ。
例えば、持続化補助金の場合は、75万円のものを購入するのであれば50万円も補助してくれるのですよ。
そんなありがたい話はないです。

補助金を活用した制作事例

補助金が関連した制作事例を紹介します。
この仕事は、小規模事業者持続化補助金でもなくIT導入補助金でもない別の補助金が入っているのですが、2019年の初頭に我が町黒瀬町のポータルサイト「しっとるん?黒瀬」を立ち上げました。


しっとるん黒瀬


ポータルサイトということもあり、今回は比較的、オーソドックスパターンで作りました。
2019年6月現在で黒瀬町内の約100社の企業様にご登録いただいております。
黒瀬町に根付いたサイトに成長させたいと思い、運用をがんばっています。

ホームページの運用について考える

運用の話が出たので。
ホームページ制作をするときにしっかり考えておかないといけないのが「運用」です。


例えば、会社の名刺変わりにホームページを制作される場合は、ホームページの更新頻度はかなり低いことが予想されます。
そのようなサイトのトップページの上部の目立つところに「お知らせ」という項目を作ってしまうと、更新頻度が低いことがばればれで、死んだサイトではないのかという印象を与えるのでよろしくないですよね。


我々がホームページ制作をするときに「ホームページを将来的にどういうところに成長させていきたいのか??」をお客様とじっくりお話しします。


ホームページは常に変化していくものと考え、変化をある程度事前に予測して設計しています。
いくらおしゃれなデザインにしても、変化に対応が難しいデザインにしてしまうと今は成功でも将来は失敗になってしまうのです。


まさにプログラミングのオブジェクト指向の世界と同じですね。
ではでは。

ホームページ制作の詳細はこちらから